第16回日本禁煙科学会学術総会 in 倉敷

会長挨拶

第16回日本禁煙科学会学術総会 in 倉敷 ご挨拶

第16回日本禁煙科学会学術総会 in 倉敷
会長 種本 和雄
(川崎医科大学心臓血管外科学 教授)

 2021年9月11日~12日に倉敷市芸文館において、第16回日本禁煙科学会学術総会in倉敷を開催させて頂きます。禁煙に関する活動も、加熱式タバコなど新しいジャンルのものも加わってきて、影響に関する研究とともにますます重要になってきております。特に次世代を担う未成年者や若者の禁煙教育が、まさしく将来の我が国の喫煙率低下に直接的に寄与する大事なアクションであると思っております。2020年4月の改正健康増進法の施行で、まだまだ不完全といえ日本でも受動喫煙対策義務化がスタートしました。1年でどう変わったか、今後どうしていけばよいのか、倉敷の地に皆様にご参集いただいて、将来をにらんだ禁煙科学について語り合えればと思っております。
 テーマに掲げました「侃侃諤諤 禁煙科学」ですが、「侃侃諤諤」という四文字熟語は、もともと「皆が集まって活発に議論を交わす様子」をいうとされています。本学術総会で例年皆様が交わしておられる熱い議論をそのまま表している言葉としてテーマに採用しました。これを禁煙科学と並べることでとても語呂の良いテーマになったと思っております。
 倉敷市芸文館は倉敷美観地区、大原美術館などの国際的な観光地の中にあります。学術総会の前後はもちろんのこと、学術総会の合間に少し時間が出来たなら、これらの観光地を散策して頂けるぐらいの距離感です。是非とも学術総会とともに倉敷の文化をお楽しみいただければと思っております。
 本原稿を書いております時点では新型コロナウイルス感染状況はまだ収束とは言えない状況です。2021年9月には新型コロナウイルスの懸念なく、皆様と意義深い学術総会が開催できますよう準備を重ねて、皆様をお迎えしたいと思っております。どうかお誘いあわせの上、倉敷にお出かけくださるようお願い申し上げます。